僕が接骨院に行った理由

僕が接骨院に行った理由は、腰痛と肩こりです。

中学の頃部活をしていて立っているだけでも腰が痛く、曲げても伸ばしても痛く、部活のプレーに影響が出ていたこと、

そして、同時に僕はストレートネックで肩がこりやすく、朝起きてから首の動きが悪かったり肩が重たいような感じがよくしていたので、接骨院へ行くことにしました。

接骨院に行ってみると、どこが痛い、どのような時に痛いなどを聞かれ電気を流しての治療になりました。

初めに5分から10分程度痛い部分付近に電気を流しました。痛くはないですが、感覚的には痺れているような感覚でした。

その後に、腰を揉みほぐしてもらいました。

そのような一連の流れの処置を1週間くらい続けてもらったらすごく良くなりました。

肩こりは、よくある通り肩を普通に揉まれ、首をグギッと両方に曲げられました。

いきなりだったので、とてもびっくりしましたし少し怖かったですが、これが気持ち良く、なんだかスッと楽になりました。

日常生活でのアドバイスももらいました。

接骨院や整体院に、症状が悪化しないうちに早く行ったほうがいいと思います。