事故でムチウチ!入念な初診が大切ですよ!!

車と自転車の出会いがしらの交通事故に遭いました。私は自転車に乗っていました。

最初の日はちょっとした違和感でしたが、翌日から首が痛くて動かしづらかったです。

特に下を向くと首が痛くて頭を支えることがとても辛かったです。そのため授業中、ノートの書き取りがきつかったです。

下を向けないので目だけを動かすようにしていました。

そこで学校の帰りに接骨院に通うことにしました。

熱い蒸しタオルと電気治療をして、そのあとシップのようなにおいの薬を塗られました。治療された後、少しの間は首が楽でした。

痛みも徐々になくなっていきました。しかし、首のだるさは一向になくなりませんでした。手の支えなしで下を向いていることができませんでした。いつも頬杖をついたよう感じで頭を支えて授業を受けるしかなかったです。事故の保険の適用期間が過ぎても首のだるさはとれませんでした。

1年以上経って、知り合いのすすめでカイロプラクティックに行ったら首の骨がずれていることがわかりました。1度の施術で首のつらさがなくなりました。

今回の私の件は、首のムチウチではなく骨がずれていたため接骨院に行っても完治しませんでした。

病院での最初の検査で見落とされていたからだと思います。

もし、事故に遭われてムチウチで長く悩んでいたら、骨がずれているかもしれない(初診で見落とされたかもしれない)です。

もう一度、負傷箇所を検査してもらう必要もあるかもしれません。