接骨院で膝痛改善のストレッチを教わる

小学生からずっとサッカーをしていたのですが、中学生になり膝の痛みでボールを蹴るのが辛くなりました。立ったり座ったり、膝の曲げ伸ばしも辛く、最初は整形外科で診察を受けました。

診断は、膝の脛骨が出っ張ってきて痛くなる骨軟骨炎で、「オスグット・シュラッター病」と呼ばれるものでした。昔はよく「軟骨痛」などとも言われていたものですが、整形外科では湿布を処方され、「暫く安静に…」と言われるだけで何とか痛みを和らげてくれたり、運動を続けながらの治療などをしてもらうことは叶いませんでした。

そんな中、サッカー部の先輩から勧められたのが、地元の駅前にあった接骨院でした。その接骨院の先生は、決して運動禁止を告げません。運動を続けながらの治療方針を示してくれることで、地元では評判が高かったのです。

オスグット・シュラッター病は、筋肉の成長と骨の成長のアンバランスや、筋肉の柔軟性の無さに原因があるとのことで、自宅でも出来るストレッチを教えてくれました。

サッカーを続けたいなら、「ストレッチを忘れないでね」の言葉を信じて、日々続けていたのを良く覚えています。

おかげで、やや膝痛はあったものの、それ以上悪化することもなく、中学校の3年間サッカーを続けることが出来ました。

整形外科から、治療の場所を接骨院に変えて、本当に良かったと思いました。